美容専用ダイヤル Tel. 0797-25-0191

ホーム > スタッフボイス > お化粧のコンセプト?

院長ボイス

2015年5月12日

お化粧のコンセプト?

間違いだらけのお化粧

女性の皆さんへ提言します。
今の貴女のお化粧、「コンセプトに間違いあり!」です。
女の方は毎日、少なくとも一回は鏡をのぞいてお化粧をします。でもそのお化粧、誰のためにやっておられるのでしょうか?

自分自身のためであると同時に、貴女の周りに人に不快感を感じさせない、という目的も、もちろんあることと思います。そのために、貴女はドレッサーに向かい、自分の顔を穴が開くほど凝視して、アラを探し、欠点を隠そうとして、お化粧しているのではありませんか?…。
でもちょっとだけ考えてみて下さい。貴女が有名な女優さんであるとか、いま売り出し中のグラビアアイドルならともかく、誰が貴女の顔を、そんなに真剣に凝視しているでしょうか。

すこし話を変えてみます。
地下鉄の窓に映った自分の顔。疲れてますよね。仕事帰りならなおさら です。むくみ、疲れ果て、「なんか怖い…」って感じることありませんか。そして、あれは本来の自分じゃあないと、勝手に見て見ぬふりをしている貴女。でも、あえて嫌なことを言います。
地下鉄の向かいの席に座っているオッサンは、まさに向かいの窓に映っている、今のその貴女の顔を見ているのですよ、と。このことに気付いてほしいのです。

おそらく貴女も、お化粧する時は50センチの距離で、しかも煌々と明かりをつけて、その明るい光に照らしたご自分の顔を凝視しながら、もくもくとお化粧をしておられることでしょう。
でもそれは、はっきり言いましょう。「自己中心の、自己満足」でしかありません。どうか早く、そのことに気付いて頂きたいのです。

貴女が他の女性を顔を見る時、小さなシミや小ジワを探しますか?
第一印象で大切なのは、その女性のお顔全体のバランスではないでしょうか。輝いているか、所帯やつれしているか、生気に溢れているか、それが一番です。
美人だとか、そうでないとか、お化粧が濃いとかスッピンだとか、そんなことはあまり気にならないのではないですか。
眼の横にある小さな小ジワ、頬の隅にある直径5ミリにも満たない薄茶色のシミ。自分でお化粧する時にはすごく気になっても、他人がそれを目ざとく見つけるでしょうか?

小さなシミや小ジワ、法令線。そんなものは他人は見ていません。
それよりも、顔の輪郭、タルミ、顎のライン、頬の肉付き、つまりお顔の全体のバランスを第一印象として見ているのです。
考えてもみて下さい。地下鉄の向かいに座っている女性が、たとえ絶世の美女であっても、そうでなくても、われわれ男性はそんなにジロジロ見ません。むしろ、ジロジロ見つめることなんてできないのです。「なに見てんのよッ!」って怒られたり、変質者扱いされてはたまりません。綺麗な人だな~とか、えらく疲れた怖い顔してるな~とか、チラッと見ることはあっても、ジロジロ見つめることは、普通さすがにはばかれます。

さて、皆さん。お化粧に必要なコンセプトは、もうお分かりでしょう。
近くで見て完璧でもダメなのです。
5メートル離れたところから一見して、健康的で、ハツラツとして、生気に満ち溢れていることが大切なのです。50センチの距離で、明るい光の下で凝視して完璧であることなんて必要ないのです。
シミなんてコンシーラーやファンデーションで隠せますよ。それより大切なことはタルミややつれを引き挙げて、顔の輪郭をシャープに、そして張りのあるお肌を保つことではないでしょうか。

うす暗い地下鉄の窓に映った自分の顔に目をそむけず、その状況で美しい自分になるために、普段からのお手入れや、お化粧の仕方に気をつけて頂きたく思います。そのためには普段から、お化粧が終わったら、鏡から少しはなれた位置に立って、もう一度自分のお化粧を確認してみて下さい。
新しい発見が必ずあるはずです。自分を、鏡から少しはなれた位置に立ってみる。薄暗いところで、映った自分を見てみる…。

これから「美しい人」になる一歩です。みなさん、ちょっと考え方を変えるだけ、なんかこれから一層「きれい」になれそうな気がしませんか?

松本クリニック

美容医療のお問い合わせ・ご相談

美容専用ダイヤル
Tel. 0797-25-0191

〒659-0086
兵庫県芦屋市三条南町13-16 ソレイユ芦屋 3F

↑ Page Top